山陽新聞デジタル|さんデジ

40歳以下の基準見直し要望 パラテコンドー代表選考で

 全日本テコンドー協会が定めた東京パラリンピックの代表選考基準に事実上の年齢制限があることを不服とし、47歳の重水浩次が27日にも日本スポーツ仲裁機構に申し立てることが26日、分かった。来年1月26日の最終選考会出場を求めており、既に同協会には要望書を提出した。

 パラリンピックの代表選考対象は、協会の育成指定選手などに限られている。しかし育成指定選手になるには「13歳以上40歳以下」の条件があることなどから、重水は代表争いには加われない仕組みになっていると主張している。重水は2月の全日本選手権で準優勝した。

(2019年12月26日 22時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ