山陽新聞デジタル|さんデジ

就職氷河期世代、正規職員で採用 岡山市、20年2月募集開始

岡山市役所
岡山市役所
 岡山市の大森雅夫市長は20日、30代半ばから40代半ばの「就職氷河期世代」を対象とした採用に乗り出すと発表した。事務の正規職員6人程度とし、来年2月に募集を始め、同年秋の採用を予定している。バブル崩壊後に安定した職業に就きにくかった世代の就労を後押しする。

 市によると、全国20政令指定都市では神戸市も同様の方針を表明している。岡山県内の自治体では初の試み。記者会見で市長は「市が率先して取り組むことで同様の動きが広がると期待したい。今後は経済界とも議論していく」と述べた。

 対象は採用抑制などで層が薄い34~44歳(来年4月1日時点)で、居住地や学歴、職務経験は問わない。事務職の年間採用数(約60人)の1割程度を充てる。給与は卒業後の就業経験を考慮し、非正規社員だった場合、40歳で年収400万円程度とする予定だ。

 試験内容は今後、市人事委員会と協議して詰める。翌年以降も継続するかどうかは、申し込み状況などを踏まえて検討する。

 氷河期世代を巡っては、政府が集中的な支援を打ち出し、3年間で正規雇用を約30万人増やす目標を掲げている。政令市でつくる指定都市市長会も今月18日、雇用確保に向けた共同宣言を採択した。

(2019年12月20日 12時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ