山陽新聞デジタル|さんデジ

渋野日向子「4冠」 女子プロゴルフ協会表彰式

最優秀選手賞など受賞4部門のトロフィーを前に笑顔を見せる渋野選手=東京都内
最優秀選手賞など受賞4部門のトロフィーを前に笑顔を見せる渋野選手=東京都内
最優秀選手賞のトロフィーを手に笑顔の渋野選手=東京都内
最優秀選手賞のトロフィーを手に笑顔の渋野選手=東京都内
 日本女子プロゴルフ協会は18日、東京都内で今季の表彰式を開き、8月のAIG全英女子オープンで日本勢42年ぶりの海外メジャー制覇を果たした渋野日向子選手(21)=岡山市出身、RSK山陽放送=が、出場試合数や順位に応じて得られるポイント制の「メルセデス最優秀選手賞」など最多の4部門で受賞した。

 黒のドレス姿で臨んだ渋野選手は、トロフィーや副賞の高級車を贈られるたびに“しぶこスマイル”を浮かべ「来年は東京五輪を目指すとともに(2021年に参戦予定の)米ツアーの準備を進める。ゴルフ界を盛り上げられるように頑張りたい」と力強く語った。

 実質プロ1年目の渋野選手は全英優勝のほか、国内では4勝を挙げ、賞金ランキング2位の活躍を見せた。他の受賞3部門は、社会貢献への姿勢や内面・外面とも美しい選手をたたえる「資生堂賞」▽記者会見などで印象的な一言を残した「メディア賞『ベストコメント』部門」▽世界を舞台に活躍した「輝き賞」。

 賞金女王の鈴木愛選手らと出席した表彰式の後、渋野選手は「ゴルフ人生で一度は立ちたいと思っていた舞台で、たくさんの賞をいただけてありがたい。今年は思った以上の成績を残せたので、来年はもう少し高めの目標を設定したい」と話した。

女子ゴルフ・渋野日向子選手の関連記事へ

(2019年12月18日 20時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ