山陽新聞デジタル|さんデジ

警察官かたる不審電話12件 県警発表、数百万円の被害も

 岡山県警は17日、警察官をかたる不審電話が岡山、倉敷市で11日に12件確認され、うち同市の80代男性がキャッシュカードをだまし取られて数百万円を引き出されたと発表した。

 被害に遭った男性は11日午後5時半ごろ、警察官を名乗る男から「詐欺グループが持つ名簿にあなたの名前があった。警察官を向かわせる」などと電話があった。訪ねてきた男に求められるままカードを渡したところ、偽物のカードとすり替えられた。県警は窃盗容疑で捜査している。

 県警は9月から県南部に特殊詐欺の「緊急特別警報」を発令している。生活安全企画課は「警察官らが自宅を訪ね、カードを預かることはない。留守番電話機能を活用して電話にすぐ出ないなど被害に遭わないよう注意してほしい」と呼び掛けている。

(2019年12月17日 21時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ