山陽新聞デジタル|さんデジ

杉良太郎さん伍代夏子さん真備に 被災者と交流、特殊詐欺注意も

来場者に特殊詐欺被害防止を呼び掛ける杉さん(左)と伍代さん
来場者に特殊詐欺被害防止を呼び掛ける杉さん(左)と伍代さん
 警察庁のおれおれ詐欺被害防止プロジェクトのメンバーを務める俳優の杉良太郎さん(75)と歌手の伍代夏子さん(57)夫妻が15日、倉敷市真備町川辺の真備公民館川辺分館を訪れ、西日本豪雨の被災者を励ますとともに、おれおれ詐欺を含む特殊詐欺への注意を呼び掛けた。

 3月に真備町地区を訪れた杉さんが「もう一度来たいと思っていた」とあいさつすると、住民約100人から盛大な拍手が送られた。伍代さんは「こうして近くで会ったり歌を届けたりすることで力になれたら」と語り掛けた。

 2人は特殊詐欺への対策として「知らない人からの電話や現金の要求には応じないで。被害ゼロの県にしていこう」と訴えた。来場者と写真撮影や握手で交流する場面もあった。

 豪雨で自宅が全壊した女性(62)=同町地区=は「テレビで見ていた憧れの2人。被災地に寄り添う人柄がにじみ出ていて身近に感じた」と感激していた。

 2人は全国で特殊詐欺被害防止の啓発に取り組んでおり、16日の岡山市でのコンサートを前に真備を訪れた。

(2019年12月15日 21時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ