山陽新聞デジタル|さんデジ

国民民主が地方組織幹部に説明 玉木氏「協議入りに理解得た」

 地方組織の幹部を集めた会合であいさつする国民民主党の玉木代表=15日午後、東京・永田町の党本部
 地方組織の幹部を集めた会合であいさつする国民民主党の玉木代表=15日午後、東京・永田町の党本部
 国民民主党は15日、立憲民主党の枝野幸男代表による合流提案を巡り、地方組織の幹部を集めた会合を党本部で開いた。玉木雄一郎代表は終了後、記者団に「協議入りに理解を得られた。近いうちに枝野氏に返事をしたい」と表明した。ただ出席者によると、地方側からは積極的に協議入りを支持する意見が出た一方、「時期尚早だ」との慎重論もあった。

 会合冒頭、玉木氏は「党の大きな方向性を決める話だ。地方の意見を協議に反映させたい」と強調。党名や政策、人事に関する対等な立場での協議など三つの条件を掲げて臨む考えも説明した。

 今後は立民側の対応が焦点となる。

(2019年12月15日 18時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ