山陽新聞デジタル|さんデジ

ワイン衣の天ぷら公開、山梨 急ピッチで新レシピ開発

 「現代の名工」に選ばれた近藤文夫さん(左端)を招き、開催されたワークショップ=15日午後、山梨県甲州市
 「現代の名工」に選ばれた近藤文夫さん(左端)を招き、開催されたワークショップ=15日午後、山梨県甲州市
 8月に「ワイン県」宣言をした山梨県で、ワインの魅力を引き出すレシピ開発が急ピッチだ。甲州市は15日、「現代の名工」に選ばれた「てんぷら近藤」(東京・銀座)の近藤文夫さんを招き、「ワインに合う天ぷら料理ワークショップ」を開催。小麦粉をワインで溶いた“ワイン衣”を使うユニークな天ぷらが次々と公開された。

 まちおこしにつなげようとレシピ開発に意欲的な市が、食材の持ち味を生かす天ぷらに着目。ミシュランガイドの二つ星を獲得した同店に呼び掛けて実現した。

(2019年12月15日 16時40分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ