山陽新聞デジタル|さんデジ

スピードW杯村上初V、新浜2位 小平が30勝目

 女子500メートル 37秒49で優勝した小平奈緒=エムウエーブ
 女子500メートル 37秒49で優勝した小平奈緒=エムウエーブ
 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦は13日、長野市エムウエーブで開幕し、男子500メートルは村上右磨(高堂建設)が34秒58でW杯初勝利を挙げた。日本記録保持者の新浜立也(高崎健康福祉大職)が34秒67で2位、世界記録保持者のパベル・クリズニコフ(ロシア)が3位。

 女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が37秒49で優勝。今季2勝目で、1000メートルを含めW杯通算30勝に到達した。郷亜里砂(イヨテツク)が37秒94で6位、辻麻希(開西病院)が7位。同マススタートは高木菜那(日本電産サンキョー)が2位、佐藤綾乃(ANA)が4位だった。

(2019年12月13日 19時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ