山陽新聞デジタル|さんデジ

英国の下院総選挙、投票始まる 1月末EU離脱の命運左右

 12日、英国下院の総選挙で投票所を出るジョンソン首相=ロンドン(ロイター=共同)
 12日、英国下院の総選挙で投票所を出るジョンソン首相=ロンドン(ロイター=共同)
 【ロンドン共同】欧州連合(EU)離脱問題を巡る混迷が続く英国で12日、下院(定数650)総選挙の投票が始まった。13日に大勢が判明する見通し。来年1月末の離脱を訴えるジョンソン首相率いる少数与党、保守党が過半数を確保できるかどうかが焦点。過半数に届かなかったり、野党が勝ったりすれば、政界がさらに混乱する恐れもある。世論調査では保守党が優勢だが、二大政党の一角をなす労働党が猛追、予断を許さない情勢だ。

 投票は12日午後10時(日本時間13日午前7時)までで、即日開票される。

 解散前の議席数は保守党298、労働党243。

(2019年12月12日 20時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ