山陽新聞デジタル|さんデジ

吉野さん「やっと実感湧いた」 授賞式、晩さん会終え

 ノーベル賞授賞式後の晩さん会を楽しむ吉野彰・旭化成名誉フェローと妻久美子さん=10日、ストックホルム(代表撮影・共同)
 ノーベル賞授賞式後の晩さん会を楽しむ吉野彰・旭化成名誉フェローと妻久美子さん=10日、ストックホルム(代表撮影・共同)
 ノーベル賞授賞式後の晩さん会からホテルに戻り、取材に応じる吉野彰・旭化成名誉フェローと妻久美子さん=11日未明、ストックホルム(共同)
 ノーベル賞授賞式後の晩さん会からホテルに戻り、取材に応じる吉野彰・旭化成名誉フェローと妻久美子さん=11日未明、ストックホルム(共同)
 【ストックホルム共同】ノーベル化学賞の吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)は10日夜(日本時間11日未明)、ストックホルムのコンサートホールでの授賞式を終えた。ホールの舞台上で取材に「(気分は)最高です」と答えた吉野さんは、続いて公式行事の晩さん会にも出席。真夜中にホテルに戻ると「やっと受賞の実感が湧いてきた」とほっとした表情を浮かべた。

 吉野さんは授賞式後、メダルを受け取った舞台上に残り、妻久美子さん(71)らと満面の笑みで記念撮影。近くの市庁舎に移動し、約1300人を収容する「青の広間」で晩さん会に臨んだ。

(2019年12月11日 10時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ