山陽新聞デジタル|さんデジ

大谷翔平、来季リアル二刀流も マドン監督が構想

 ウィンターミーティングで報道陣の取材に応じるエンゼルスのマドン監督=9日、サンディエゴ(AP=共同)
 ウィンターミーティングで報道陣の取材に応じるエンゼルスのマドン監督=9日、サンディエゴ(AP=共同)
 【サンディエゴ共同】米大リーグ、エンゼルスのジョー・マドン監督は9日、ウインターミーティング中のサンディエゴで記者会見し、大谷翔平を来季登板した試合で打者でも出場させる構想を明らかにした。ア・リーグが採用している指名打者(DH)制を解除する可能性に「やらない理由はない。年に50打席は増やせる」と語った。

 大谷はDH制だったプロ野球日本ハム時代の2016年に「1番・投手」で出場、先頭打者本塁打を放つなどしている。今オフに就任し、知将とされる同監督は「(昨秋に手術を受けた)肘の回復を妨げないよう、どれだけ打席に立たせられるかを理解する必要がある」とも述べた。

(2019年12月10日 13時42分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ