山陽新聞デジタル|さんデジ

NZ噴火の不明者8人 生存者なしか、捜索難航

 9日、噴火したニュージーランド北島沖のホワイト島(@ALLESSANDROKAUFFMANNのインスタグラムより、ロイター=共同)
 9日、噴火したニュージーランド北島沖のホワイト島(@ALLESSANDROKAUFFMANNのインスタグラムより、ロイター=共同)
 【シドニー共同】ニュージーランド北島沖にある火山島ホワイト島の噴火で、同国のアーダン首相らは10日記者会見し、島に取り残されるなどして行方が分からなくなっているのは8人だと明らかにした。これまで5人の死亡を確認している。警察は現場の状況から取り残された人に生存者はいないとみている。現場は火山活動が続き危険なため、捜索は難航している。

 警察は10日、多くの死傷者を出した刑事責任を追及する捜査を始めたことを明らかにした。

 アーダン氏らによると、噴火当時、島には観光客ら47人がいた。死者、行方不明者以外に救出された31人が入院しており、別の3人は退院した。

(2019年12月10日 13時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ