山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山産米・朝日でアレルギー抑制 県立大教授ら研究成果発表

伊東秀之教授(左)と杉本幸雄准教授
伊東秀之教授(左)と杉本幸雄准教授
 岡山県産米の代表銘柄「朝日」に、アレルギー症状の原因物質ができるのを抑える効果があるとする研究成果を、岡山県立大の伊東秀之教授(食品化学)や岡山大大学院の杉本幸雄准教授(薬理学)らのグループが9日発表した。マウスによる実験ではくしゃみなども緩和されたという。

 アレルギー反応は花粉など異物や特定の食べ物に対し、体が「特異的IgE抗体」を作ることで肥満細胞から炎症を起こす物質が放出され、くしゃみや鼻水といった症状が現れる。抗体量が一定を超えると発症し、さらに量が増えれば症状も悪化する。

 実験では、アレルギー性鼻炎を生じた状態のマウスを使い、精米した朝日、コシヒカリ、きぬむすめを餌にそれぞれ1割混ぜて2週間与えた。朝日は通常の餌のみを食べたグループと比べて血中の抗体量が4割ほど少なく、くしゃみの回数も減った。コシヒカリではくしゃみは減ったが抗体量が1割ほどしか下がらず、抗体発生の抑制に朝日と同程度の効果があったきぬむすめはくしゃみを減らす効果が朝日より弱かった。ただ精米のどの成分がそれぞれ作用したかは解明できておらず、今後の研究が必要という。

 研究は両氏がJA全農おかやま(岡山市北区磨屋町)、岡山県とともに2016年に開始。成果は神戸市で1~5日にあった食品の機能性研究に関する学会「第7回国際フードファクター会議」で報告した。

 杉本准教授は「米ぬかの機能性に関する論文は多いが、白米で作用を調べた研究は世界にほとんどなく、調査を続ける値打ちのある結果」と話している。

 朝日は同県農業試験場が1931年に品種登録。県内の作付面積(2017年)は主食用米全体の約1割に当たる2670ヘクタール。粘りが少なく歯ごたえのあり、すし向けにも好まれている。

(2019年12月09日 23時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ