山陽新聞デジタル|さんデジ

笠岡市長選に現職小林氏出馬表明 20年4月12日告示

小林嘉文氏
小林嘉文氏
 任期満了に伴う笠岡市長選(来年4月12日告示、同19日投開票)に、現職の小林嘉文氏(59)が9日、再選を目指して無所属で立候補する意向を表明した。同市長選への出馬表明は小林氏が初めて。

 12月定例市議会での一般質問に答えた後、市役所で会見に臨んだ。小林氏は、企業誘致による雇用の拡大を重点施策に挙げ「(転入人口から転出人口を引いた)社会動態が増加に転じれば税収が増え、福祉や教育に還元できる。水道料金の引き下げや島しょ部の救急体制強化にも取り組み、笠岡を住んで良かったと思えるようなまちにしたい」と述べた。

 小林氏は明治大卒。商社勤務、家業の食品会社社長を経て、2016年に初当選した。

(2019年12月09日 21時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ