山陽新聞デジタル|さんデジ

建設型仮設住宅の入居者を募集 倉敷市、みなし仮設住民対象に

 倉敷市は、真備町地区で西日本豪雨の被害に遭い、民間住宅を借り上げた地区外の「みなし仮設住宅」などで暮らす住民を対象に、地区内の建設型仮設住宅への転居申し込みを受け付けている。

 対象となる仮設住宅団地は、真備総(真備町箭田)、二万(同町上二万)、岡田(同町岡田)、みその(同町市場)の4カ所で、空きは計約40戸。入居期限はいずれも2020年9月中となる。

 問い合わせは市被災者住宅支援室(086―426―3531)。

(2019年12月09日 18時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ