山陽新聞デジタル|さんデジ

乙島祭り紹介 20年カレンダー 倉敷の戸島福寿会が製作

勇壮な「乙島祭り」の写真をふんだんに使ったカレンダー
勇壮な「乙島祭り」の写真をふんだんに使ったカレンダー
 倉敷市重要無形民俗文化財になっている戸島神社(同市玉島乙島)の秋季例大祭「乙島祭り」を紹介する2020年のカレンダーが販売されている。

 約700年の歴史がある行事を後世に伝えようと、地元のボランティアグループ・戸島福寿会が2012年から毎年製作している。

 写真愛好家グループの玉島撮ろう会メンバーらが祭り当日(10月26、27日)に撮影。全12町内会の御船、千歳楽、だんじりの迫力ある写真が各月を彩る。それぞれの特徴や製作時期といった解説も添えている。

 改元を記念し、70年ぶりに階段を上った同神社の金の御神輿(おみこし)や、勇壮な氏子、祭りを楽しむ子どもたちの様子なども含め96枚の写真を掲載し、地域を挙げて盛り上がった2日間の様子を伝えている。

 見開きA2判(千部作製)は1冊1300円。見開きA4判サイズ(100部製作)は同500円。戸島福寿会と玉島テレビ放送で販売している。

 同会の猪木源三会長(69)=同市=は「カレンダーとしてだけでなく写真集としても楽しんでもらいたい」と話している。

(2019年12月09日 08時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ