山陽新聞デジタル|さんデジ

食べ物や名所 笠岡自慢の物知って ブランド協、チラシを初作製

かさおかブランドを紹介するチラシ「ええもん かさおか」
かさおかブランドを紹介するチラシ「ええもん かさおか」
 笠岡市の自慢の物を認定する「かさおかブランド」の紹介チラシが完成した。市民有志でつくる同ブランド協議会が初めて作製。「ええもん かさおか」のタイトルで食べ物や観光名所など31件を載せている。

 ブランドは、市内に繁殖地があるカブトガニをかたどったまんじゅうや特産イチジク、笠岡諸島・北木島のカキ、製帽技術、白石踊、笠岡湾干拓地の花など。「食品」「産業」「技術」「観光」の各部門にまたがる多彩な顔触れで、写真や文で魅力を伝えている。

 認定は市が2009年にスタート。応募を基に外部委員らによる審査会を経て決める。認定期間は3年(再申請が可能)で、チラシには現在認定中の全ブランドを収録した。

 A3判、両面カラーで四つ折り。1万枚作り、市内の小中学生らに配ったり、市内外の観光施設に置いたりしている。同協議会はこれまでも、市内外のイベントへの出展などブランドのPR役を担っている。

(2019年12月09日 16時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ