山陽新聞デジタル|さんデジ

氷河期世代募集で年齢制限容認へ 民間就職サイトの仲介可能に

 厚生労働省が入る中央合同庁舎=東京・霞が関
 厚生労働省が入る中央合同庁舎=東京・霞が関
 厚生労働省がバブル崩壊後に就職難だった「就職氷河期世代」の就労後押しを目的に、原則禁止の年齢を制限した採用活動をこの世代に限り全面解禁し、民間の就職サイトや企業が手掛ける募集でも可能とする検討を始めたことが7日分かった。氷河期世代を対象にした求人については8月、ハローワーク経由に限って容認していた。来年早々にも拡大させる。

 現在、30代半ばから40代半ばに当たる氷河期世代の採用を巡っては、兵庫県宝塚市が今夏行った求人に約600倍もの応募が殺到。政府も11月、国家公務員の中途採用枠で重点的に採用することを決めた。民間の採用活動でも規制緩和が必要と判断した。

(2019年12月07日 15時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ