山陽新聞デジタル|さんデジ

古里 しぶこフィーバー 一日署長、表彰…分刻みで奔走

岡山東署の一日署長を務め、市民らの呼び掛けに応じる渋野選手
岡山東署の一日署長を務め、市民らの呼び掛けに応じる渋野選手
大森市長から市民スポーツ栄誉賞の盾を受け取る渋野選手
大森市長から市民スポーツ栄誉賞の盾を受け取る渋野選手
JAグループ岡山から贈られた農産品を前に、「もぐもぐ」ポーズを決める渋野選手
JAグループ岡山から贈られた農産品を前に、「もぐもぐ」ポーズを決める渋野選手
伊原木知事から県スポーツ特別顕賞を贈られる渋野選手
伊原木知事から県スポーツ特別顕賞を贈られる渋野選手
 女子ゴルフで今年大活躍し、故郷の岡山市に帰ってきた渋野日向子選手(21)は6日、凱旋(がいせん)イベントに出席するため朝から分刻みで奔走した。フィーバーを巻き起こしたヒロインの帰りを待ちに待った県民が各地で熱烈に歓迎。「スマイリングシンデレラ」は世界を魅了した笑顔をはじけさせた。

岡山東署

 午前中は、地元の岡山市東区平島地区を管轄する岡山東署で一日署長を務め、年末年始の特別警戒に臨んだ。

 県警の黒い礼服姿になった渋野選手は「大好きなこのまちの人がいつも笑顔でいられるようにしてほしい」と訓示。近くの県道では、交通事故や犯罪被害の防止を呼び掛けるちらしを運転手に手渡した。

 世界ランキング12位で、東京五輪代表の有力候補となった“地元のスター”を一目見ようと詰め掛けた約300人の市民らは「かわいい」と声を掛けたり、写真を撮ったりしていた。

岡山市役所

 正午すぎに訪れた岡山市役所では市人見絹枝スポーツ顕彰の最高賞「市民スポーツ栄誉賞」を贈られた。1階フロアは一目見ようとする市民や職員でごった返し、到着した渋野選手は「しぶこ」の声掛けや拍手に笑顔で応えた。

 表彰式で大森雅夫市長から「最高の1年だったと思う。古里でゆっくりと休み、来年も頑張って」と励ましを受け、渋野選手は「日本や世界中の皆さんを笑顔にできるプレーヤーになるのが夢。岡山の代表として世界へ羽ばたいていけたらなと思います」と話した。

JA贈呈式

 JAグループ岡山からは、米やブドウ、黄ニラといった県産農産物が贈られた。

 午後2時から市内のホテルであった贈呈式で、JA岡山中央会の青江伯夫会長が、コース上で軽食を取る“もぐもぐタイム”に触れて「県産米のおにぎりも活躍の後押しができたのではないか」とあいさつ。渋野選手は「実家に畑があり、小さい頃に手伝いもしたので農業は親近感がある」と明かし「岡山のお米や黄ニラをもりもり食べて頑張りたい」と応えた。

県庁

 県庁には午後3時半に到着。県スポーツ特別顕賞の授与式に臨み、伊原木隆太知事から表彰状とブロンズ像が手渡された。

 8月のAIG全英女子オープン優勝を受けた贈呈だが、その後も続いた快進撃に知事は「全英優勝がまぐれではないことを証明し、県民みんなが誇りに思っている。末永い活躍を期待している」と激励した。

 渋野選手は「名誉ある賞でうれしく思う。育ててもらった皆さんに恩返しできるように頑張りたい」と宣言した。

女子ゴルフ・渋野日向子選手の関連記事へ

(2019年12月06日 23時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ