山陽新聞デジタル|さんデジ

岩佐さんに特別PR大使を委嘱 広島県が「鞆」応援プロジェクト

湯崎知事から委嘱状を渡される岩佐さん
湯崎知事から委嘱状を渡される岩佐さん
 広島県は6日、福山市鞆町地区の景観保全や伝統文化継承に向けて寄付を募る「『鞆・一口町方衆』応援プロジェクト」を広く発信しようと、元AKB48の演歌歌手・岩佐美咲さんに特別PR大使を委嘱した。鞆の浦の情景をテーマにした持ち歌「鞆の浦慕情」が縁で、支援の輪の拡大に一役買う。

 県庁で委嘱式があり、湯崎英彦知事が委嘱状と大使のたすきを授与し「大きな力になってほしい」とあいさつ。岩佐さんは福山市の委嘱を受け、鞆の浦の応援特別大使を務めたこともあり「思い出深い大事な場所。歌を歌うことで、プロジェクトの参加者を増やしたい」と話した。

 式典に先立ち、岩佐さんも寄付するため目録を知事に寄託。「鞆がずっと美しくありますように」など、岩佐さんの直筆の応援メッセージを印刷したパネルにサインした。

 プロジェクトは県と福山市が連携し、4月にスタート。400万円を超える寄付が寄せられている。

(2019年12月06日 18時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ