山陽新聞デジタル|さんデジ

蒜山一面の銀世界 今季初1センチ以上積雪 

飲食店の駐車場で雪かきをする従業員=6日午前8時51分、真庭市蒜山上福田
飲食店の駐車場で雪かきをする従業員=6日午前8時51分、真庭市蒜山上福田
 岡山県内は6日、冬型の気圧配置と寒気の影響で曇り、真庭市蒜山上長田と新見市千屋で今季初めて1センチ以上の積雪を観測した。

 各地の朝の最低気温は真庭市蒜山上長田と新見市千屋で0・0度、津山市2・0度、岡山市4・0度など。

 真庭市蒜山上福田の観光施設や飲食店が並ぶ一帯では5センチほどの雪が積もり、一面の銀世界となった。従業員らがスコップで雪かきに追われ、ジンギスカン料理店の男性従業員(20)は「これからどんどん雪が積もってスキー客が増え、蒜山がにぎわってほしい」と話した。

 岡山地方気象台は「冬型の気圧配置は徐々に弱まり、8日ごろからは寒さが緩むだろう」と予報している。

(2019年12月06日 12時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ