山陽新聞デジタル|さんデジ

10月の消費支出5・1%減 増税前の駆け込み反動、台風響く

 1世帯当たりの消費支出増減率
 1世帯当たりの消費支出増減率
 総務省が6日発表した10月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は27万9671円で、物価変動を除いた実質では前年同月比5・1%減となった。前月は消費税増税前の駆け込みで9・5%増と大幅に伸びており反動が出た。台風19号も響いた。下げ幅は前回増税時の2014年4月(4・6%減)より大きかった。マイナスは11カ月ぶり。

 政府はキャッシュレス決済のポイント還元制度など増税対策を講じたが、消費への影響が証明された形だ。減少率は16年3月(5・3%減)以来、3年7カ月ぶりの大きさとなる。

 前回の増税後は13カ月連続で消費支出が減少している。

(2019年12月06日 11時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ