山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山の玄関口 華やかに 11万個のLEDが街彩る

ツリーや街路樹が点灯され、幻想的な雰囲気に包まれたJR岡山駅東口広場
ツリーや街路樹が点灯され、幻想的な雰囲気に包まれたJR岡山駅東口広場
 約11万3500個のLED(発光ダイオード)で街を彩る「おかやま桃太郎まつり MOMOTAROH FANTASY 2019」(岡山県や岡山市などでつくる実行委主催)が5日、JR岡山駅周辺で開幕した。点灯は来年1月5日までの午後5時~11時。

 駅東口広場で午後6時から点灯式があり、伊原木隆太知事、大森雅夫市長、松田正己山陽新聞社社長らがスイッチを押すと、高さ10メートルの巨大ツリーや街路樹が一斉に点灯され、幻想的な雰囲気に包まれた。

 34回目となる今回のテーマは「桃太郎ファンタジー~ミラージュ~」。ワイングラスの形に光らせた街路樹、ミラーボールで装飾した光のアーチも初めてお目見えし、早速、学校や仕事帰りの人たちがスマートフォンで撮影していた。

 通り掛かった大学5年の女子学生(25)は「岡山の玄関口が一気に華やかになった。毎年バージョンアップしていて写真を撮るのが楽しい」と話していた。

(2019年12月05日 21時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ