山陽新聞デジタル|さんデジ

フリーペーパー「さりお」創刊 暮らしに役立つ情報発信

「さりお」の創刊号
「さりお」の創刊号
 新聞やテレビと連動した新たなフリーペーパー「さりお(SALIO)」が6日、創刊した。山陽新聞社(岡山市北区柳町)と岡山放送(OHK、同学南町)が協業。毎週金曜(年46回)に発行し、岡山、倉敷市の中心部、赤磐市と早島町の一部に約20万部を配布する。街に出掛けたくなったり、生活に潤いをもたらしたりと、暮らしに役立つ情報をきめ細かく発信していく。

 タブロイド判で基本20ページ。両社が設立した山陽リビングメディア(岡山市北区新屋敷町)が手掛ける。

 創刊号は32ページで、静岡の抹茶をクリームに使ったタルト、和歌山のミカンが入ったケーキなど全国のリビング新聞ネットワーク18社編集部のお薦めスイーツを特集した。応募者の中から71人にスイーツをプレゼントする。

 「つながろう」コーナーは、地域で支え合い交流できる居場所を紹介。このほか、岡山市出身の女子マラソン五輪メダリスト有森裕子さんやOHKアナウンサーのコラム、夕食のレシピ、イベント、グルメといった情報を載せている。

 さりおは、山陽新聞社「レディア」、OHKグループ・旧岡山リビング新聞社「リビングおかやま」「リビングくらしき」の各フリーペーパーを統合した。

(2019年12月06日 07時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ