山陽新聞デジタル|さんデジ

持続可能な社会保障制度求める 国民医療・介護推進協が決起大会

持続可能な社会保障制度の確立などを求める決議を採択した決起大会
持続可能な社会保障制度の確立などを求める決議を採択した決起大会
 来年4月の診療報酬改定をにらみ、岡山県医師会や県介護支援専門員協会など県内の関係24団体でつくる「県国民医療・介護推進協議会」(会長・松山正春県医師会長)は4日、岡山市で決起大会を開き、持続可能な社会保障制度の確立などを求める決議を採択した。

 決議は、全国民が公的医療保険に加入し、医療費をカバーする「国民皆保険制度」の堅持も掲げ、適切な財源の確保を国に要望している。協議会は今後、厚生労働省など関係機関に決議文を送る。

 決起大会には構成団体から約千人(主催者発表)が参加。県医師会の神崎寛子専務理事は「医療と介護に関わる全職種が連携し、地域包括ケアシステムの構築を進めていく必要がある」などと訴えた。

(2019年12月04日 22時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ