山陽新聞デジタル|さんデジ

リベッツ6日からホーム3連戦 上位浮上へ「総力戦で全勝」

(上段左から)森薗政祟、町飛鳥、(下段左から)張本智和、神巧也
(上段左から)森薗政祟、町飛鳥、(下段左から)張本智和、神巧也
 卓球Tリーグ男子の岡山リベッツは6日から、岡山市の岡山武道館で琉球、東京、彩たまとの3連戦に臨む。2勝7敗(勝ち点10)の4位と出遅れているが、年内最後となるホーム戦で地元の声援を背に巻き返しのきっかけをつかみたい。

 浮上に向け、好材料がある。直前のホーム2連戦(11月23、24日)はチーム初タッグとなる森薗・町のダブルスが連勝。町が安定したブロックを見せ、甘い球を森薗が打ち抜いた。加入が決まったばかりのワン・ヤンも合流予定。右のカットマンで「選手起用の幅が広がる。これまで苦手だったカットの相手にぶつけるのもいい」と白神監督はオーダーを練る。

 6日に対戦する琉球には今季3戦全敗だが2試合は延長での惜敗で、エース荘智淵(台湾)をどう攻略するかがポイント。7日に当たる東京は世界ランク5位の張本、リオデジャネイロ五輪銅メダルの水谷らスターぞろいの強敵。8日の彩たまには今季4戦2勝。先のワールドカップ団体戦日本代表の神、世界22位のピッチフォード(イングランド)らとの際どい戦いとなりそうだ。

 全21試合の中盤戦。白神監督は「この3連戦が上位進出へのヤマ場となる。地元のファンの力も借り、総力戦で全勝する」と意気込む。

 入場料金は自由席大人2千円、高校生以下千円。指定席はコートサイド7千円、アリーナエンド5千円、同サイド4千円。ローソンチケットで販売しているほか、リベッツが運営する卓球スポットの岡山店(岡山市南区西市)と倉敷店(倉敷市四十瀬)で自由席を扱っている。当日券(各500円増)もある。東京戦の指定席は完売。問い合わせはリベッツ(086―239―8824)。

 リベッツの対戦相手
▽6日午後7時 琉 球
▽7日午後2時 東 京
▽8日午後1時 彩たま
(いずれも岡山武道館)

(2019年12月05日 08時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ