山陽新聞デジタル|さんデジ

石灰使い桜や水しぶきを表現 新見美術館で「ライムアート」展

 新見市の基幹産業である石灰(ライム)を芸術に取り入れている建築デザイナー・浪崎文彰さん(68)=東...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2019年12月04日 17時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ