山陽新聞デジタル|さんデジ

月夜にお寺でサッカー!? 西大寺観音院、境内で7日催し

夜の境内でストリートサッカーを開催する坪井住職(左)ら
夜の境内でストリートサッカーを開催する坪井住職(左)ら
 月夜にお寺でサッカーしてみませんか? 西大寺観音院(岡山市東区西大寺中)は7日夜、1対1でプレーするストリートサッカーのイベント「テラデジャネイロ」を境内で開催する。

 ストリートサッカーは、ゴールを設置した円形(直径約5メートル)の囲いの中でプレーする。3分間で多く得点した方が勝ちだが、「股抜き」を決めるとスコアに関係なくその場で勝利となる。当日はサッカー経験のある男子、未経験の男子、40歳以上男子の3部に分かれてリーグ戦をする。

 当日は世界チャンピオンの小黒拓人さん(20)ら世界大会に出場経験がある選手も参加し、デモンストレーションで技術を披露する。

 観音院は若者に親しんでもらおうと、境内での音楽ライブ「テライブ」(10月)、婚活イベント「テラマッチ」(10月)などを開催しており、テラデジャネイロもその一環。坪井綾広住職(43)は「夜の寺院という非日常空間でサッカーを楽しんで」と参加を呼び掛けている。

 時間は午後5時~7時。中学生以上が対象。参加費千円。収益金は台風19号の被災地に義援金として寄付する。参加希望者は、共催するサッカー・フットサル専門店「MOMIJIYA F.C」(086―943―0020)に申し込む。

(2019年12月04日 12時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ