山陽新聞デジタル|さんデジ

「争族対策」について

Q:「争族対策」について教えてください。

A:家族の実情にあった対策が必要 立場によっても答えは異なる

 「争族」とは、故人の遺産について、遺産分割の方法やその金額などをめぐって、親族間で争いごとが起きることを表現した言葉です。「争族対策」とは、このような争族問題が起きないようにするために講じておく対策をいいます。

 近年は自宅が唯一の遺産である場合など、遺産がそれほど多くない案件でも、また、これまで特にけんかもなかった兄弟姉妹間であっても、遺産をめぐって親族間で争う事態となってしまうケースが増えてきました。そこであらかじめ「争族対策」をしておく必要があります。

 ただ「争族対策」は、一律に答えがあるわけではなく、家族それぞれの実情にあった対策を考える必要があるので大変難しい問題です。また、家族のどの立場の方からの相談かによっても、その答えは異なり得ます。  もし読者の方が、ご自身に万一のことがあった場合の「争族対策」を検討されておられる立場の方であれば、死後にもめごとが起きないよう、弁護士と相談のうえ、ぜひ遺言書を作成しておいてください。

 あるいは、もし読者の方が、ご自分のご両親に万一のことがあった場合の「争族対策」を検討されておられる立場の方であれば、お父さま、お母さまと一緒になって「争族対策」をしてみてください。ご両親がお元気で自分の意思を表示できる間に対策をとることも大切になってきます。

 いずれにせよ、いざ争族の問題が発生したあとでは対策が困難な場合もありますので、早めに弁護士に相談をされることをお勧めいたします。

(2019年11月28日 11時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ