山陽新聞デジタル|さんデジ

宇野駅にピアノ登場、演奏自由に 言葉の壁越え楽しい時間共有を

JR宇野駅に設置された「駅ピアノ」を奏でる外国人観光客
JR宇野駅に設置された「駅ピアノ」を奏でる外国人観光客
 玉野市のJR宇野駅に25日、訪れた人が自由に演奏を楽しめる「駅ピアノ」が登場した。直島など現代アートで注目される瀬戸内海の島々を目指す国内外の人でにぎわう駅とあって、初日から外国人観光客が美しい音色を響かせた。JR西日本岡山支社によると、県内の駅構内へのピアノ設置は初めて。

 駅ピアノは、6月に着任した山本誠雄駅長が、国際色豊かな宇野駅の様子を目の当たりにして発案。「音楽なら言葉の壁を越えて、誰もが駅で楽しい時間を共有できるはず」と、市に働き掛けたところ、市立幼稚園で使われなくなった電子ピアノを活用し、設置が実現した。

 早速、オーストラリアから訪れたクリストファー・クエンさん(25)が滑らかな指運びで奏で、「駅にピアノがあるなんてすごい。とても気持ちが良い」と笑顔を見せた。

 市は、公式インスタグラムで演奏の様子を撮影した写真、動画の投稿を呼び掛けている。

(2019年11月25日 23時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ