山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁で30日から冬フェスタ 紺屋川沿いにイルミネーション

高梁基督教会堂前の紺屋川でイルミネーションを設置する協議会員=10日
高梁基督教会堂前の紺屋川でイルミネーションを設置する協議会員=10日
 高梁市柿木町の高梁基督教会堂前を流れる紺屋川をイルミネーションの幻想的な光で包む「愛らぶ高梁ウインターフェスタ2019」(市青年経済協議会主催、山陽新聞社後援)が30日に始まる。

 鉄パイプを組んだ高さ約6メートルのツリーを教会堂前の川をまたぐようにして設置。青や黄色などのLED(発光ダイオード)約1万6千個を張り巡らし、来年1月19日まで午後5時半~9時に点灯する。

 初日は午後5時から点灯式があり、教会堂では同6時から、市出身のビオラ奏者難波芳之さん(41)=神奈川県平塚市=らによる21世紀オーケストラ(東京)や城南高吹奏楽部のコンサートを開催。川沿いの鍜冶町郵便局(鍜冶町)周辺に同8時まで「チャリティー夜市」を設け、豚汁やフランクフルトなどを販売し、収益を西日本豪雨の義援金として市に寄託する。同7時40分から約300発の花火を打ち上げる。いずれも入場無料。

(2019年11月26日 15時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ