山陽新聞デジタル|さんデジ

宇高航路、休止決定的に 2県2市、本年度補助金打ち切り

宇高航路への支援打ち切りを決めた「連絡協議会」
宇高航路への支援打ち切りを決めた「連絡協議会」
 宇高航路(玉野市・宇野―高松市)の運航休止について岡山、香川県、玉野、高松市などが話し合う「宇野高松間地域交通連絡協議会」が21日、高松市内で開かれた。2県2市は、四国急行フェリー(同市)への本年度分の補助金(計1500万円)も打ち切ることを決め、12月16日からの休止が決定的になった。

 2県2市と中国、四国の運輸局、地方整備局から9人が出席。非公開の会議後に会見した2県2市の担当者は、補助金打ち切りについて「航路の運航継続を前提とした支援であり、休止届が出されたことで理由が失われたと判断した」と説明した。

 休止後の大規模災害時の対応については、岡山、香川県などが船舶事業各社と結んでいる既存の災害協定に基づき人や物資を緊急輸送する方針を確認。宇高航路の利用者に対しては、直島や小豆島経由で両県を結ぶ既存航路の周知を図り、運航会社とも連携しながら利便性を確保していくとした。

(2019年11月21日 23時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ