山陽新聞デジタル|さんデジ

GSOMIA失効、22日期限 韓国「協議継続」強調

 21日、ソウルの国会で答弁する韓国の康京和外相(聯合=共同)
 21日、ソウルの国会で答弁する韓国の康京和外相(聯合=共同)
 【ソウル共同】日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の失効期限が23日午前0時に迫る中、日本に破棄通告をしている韓国大統領府は21日、国家安全保障会議(NSC)を開催し、終了後に「韓日間の懸案解決に向け、関係国と緊密な協議を続けていく」と発表した。失効回避が可能か、日本とぎりぎりまで協議することを強調する狙いとみられる。

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で「韓国側に賢明な対応を強く求める立場に変わりはない」と述べ、破棄決定の撤回を再度求めた。日韓の立場の隔たりは依然大きく、妥協は見通せない。

(2019年11月21日 20時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ