山陽新聞デジタル|さんデジ

美作少年野球連盟が選手たたえる 最高殊勲選手賞に庄司選手

菊池会長から最高殊勲選手賞を贈られる庄司選手(中央)。手前右は特別会長賞の石原選手
菊池会長から最高殊勲選手賞を贈られる庄司選手(中央)。手前右は特別会長賞の石原選手
 美作地区少年野球連盟は10日、岡山県奈義町柿の町総合運動公園で選手たちの今季の活躍をたたえる表彰式を行った。最高殊勲選手賞は津山ヤングマスターズの庄司大政選手が選ばれた。

 美作、津山市、奈義、勝央、美咲町の11チームの選手、指導者、保護者が参加。優秀チームに津山ヤングなど各賞が発表され、選手らに表彰状や盾などが贈られた。

 菊池一浩会長は「1年間、頑張る姿を見せてもらった。野球を通じてしっかり考え、行動できる人になってください」と語り掛けた。

(2019年11月21日 17時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ