山陽新聞デジタル|さんデジ

ジャズ挾間さんグラミー賞候補に ニューヨークを拠点に活動

 グラミー賞にノミネートされた挾間美帆さん(Hiroyuki Seo撮影・共同)
 グラミー賞にノミネートされた挾間美帆さん(Hiroyuki Seo撮影・共同)
 グラミー賞の候補となったアルバム「環境音楽」(共同)
 グラミー賞の候補となったアルバム「環境音楽」(共同)
 【ロサンゼルス共同】米音楽界最高の栄誉とされる「第62回グラミー賞」の各賞候補が20日発表され、ニューヨークを拠点に活動するジャズ作曲家挾間美帆さんの「ダンサー・イン・ノーホエア」が最優秀大規模ジャズ・アンサンブル・アルバム賞にノミネートされた。

 細野晴臣さんや久石譲さんら日本人アーティストらが1980~90年に発表したアンビエント(環境)音楽作品を集めたオムニバス「環境音楽」は、最優秀歴史的アルバム賞の候補に選ばれた。

 新進気鋭の女性アーティスト、リゾさんが最多8部門でノミネート。発表と授賞式は来年1月26日にロサンゼルスで行われる。

(2019年11月21日 11時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ