山陽新聞デジタル|さんデジ

結成10年、ケア手法統一に成果 重症児の在宅医療を考える会

 脳性まひで人工呼吸器をつけるといった医療的ケアが必要な子どもらを支援する「倉敷地区重症児の在宅医療...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2019年11月20日 10時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ