山陽新聞デジタル|さんデジ

九州場所、白鵬が1敗で首位維持 1差は朝山と輝で変わらず

 琴勇輝(右)を攻める白鵬=福岡国際センター
 琴勇輝(右)を攻める白鵬=福岡国際センター
 大相撲九州場所9日目(18日・福岡国際センター)横綱白鵬は琴勇輝を落ち着いて引き落とし、勝ち越しを決めて1敗を守り、単独首位を維持した。

 大関貴景勝は激しい突っ張り合いの末に小結北勝富士を突き落とし、6勝3敗とした。関脇御嶽海は玉鷲を一方的に寄り切って5勝目を挙げ、白星を先行させた。小結朝乃山は大栄翔をはたき込んで7勝目。

 白鵬を2敗の朝乃山と平幕の輝が追う展開は変わらなかった。十両は木崎海が1敗でトップに立った。

(2019年11月18日 19時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ