山陽新聞デジタル|さんデジ

プレミアム商品券の申請期限延長 利用低調で岡山市 12月末までに

岡山市役所
岡山市役所
 消費税増税に伴う景気対策として岡山市が発行しているプレミアム付き商品券について、市は18日、購入に必要な引換券の申請期限を1カ月延長し、12月末までにすると発表した。低所得者の申請手続きが煩雑で、利用が低調なため。

 商品券は国の施策で、市民税が非課税の低所得者(生活保護受給者除く)か、3歳半までの子育て世帯が購入できる。子育て世帯は自宅に引換券が届くが、低所得者は市に事前申請する必要があるため全国的に申請が伸び悩んでおり、岡山市の申請率も37・7%(15日現在)にとどまっている。

 市は「10月に再度、利用案内を送ったため申請は増えている。できるだけ多くの人に利用してもらえるよう努めたい」としている。

 プレミアム付き商品券は1人当たり2万円の自己負担で2万5千円分の買い物ができる。岡山市では来年3月末まで、スーパーや飲食店など2300店舗で利用できる。

(2019年11月18日 20時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ