山陽新聞デジタル|さんデジ

日米、GSOMIAは重要 河野防衛相と米国防長官が会談

 会談後に握手するエスパー米国防長官(左)と河野防衛相=18日、バンコク(共同)
 会談後に握手するエスパー米国防長官(左)と河野防衛相=18日、バンコク(共同)
 記者団の取材に応じる河野防衛相=18日午後、バンコク(共同)
 記者団の取材に応じる河野防衛相=18日午後、バンコク(共同)
 【バンコク共同】河野太郎防衛相は18日、訪問先のタイの首都バンコクで、エスパー米国防長官と会談した。北朝鮮による弾道ミサイル発射は重大な脅威だとして、韓国が破棄を決めた日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を含む日韓、日米韓の連携が重要だと確認した。各地で相次いだ在日米軍の問題を受け、米軍運用の安全確保でも一致した。

 河野氏は中東情勢の悪化を踏まえ、日本政府が情報収集態勢を強化する独自の取り組みとして自衛隊派遣を具体的に検討していると説明した。エスパー氏は謝意を示した。

 河野氏が9月の就任後、エスパー氏と直接、個別会談するのは初めて。

(2019年11月18日 17時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ