山陽新聞デジタル|さんデジ

F1、ホンダ28年ぶりワンツー フェルスタッペン3勝目

 レース後、祝福を受けるフェルスタッペン(右から2人目、ゲッティ=共同)
 レース後、祝福を受けるフェルスタッペン(右から2人目、ゲッティ=共同)
 優勝を喜ぶレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(左)とトロロッソ・ホンダで2位のピエール・ガスリー=サンパウロ(ゲッティ=共同)
 優勝を喜ぶレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(左)とトロロッソ・ホンダで2位のピエール・ガスリー=サンパウロ(ゲッティ=共同)
 【サンパウロ共同】自動車のF1シリーズ第20戦、ブラジル・グランプリ(GP)は17日、サンパウロで決勝が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が今季3勝目、通算8勝目を挙げた。2位にトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー(フランス)が入り、ホンダは1991年日本GP以来、28年ぶりとなるワンツーフィニッシュを飾った。

 フェルスタッペンは7月のドイツGP以来、9戦ぶりの勝利。2度目のポールポジションから発進し、初のポールトゥウインを果たした。

 トロロッソ・ホンダのクビアトは10位、レッドブル・ホンダのアルボンは14位だった。

(2019年11月18日 09時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ