山陽新聞デジタル|さんデジ

土田和歌子、2競技パラ出場へ道 車いすマラソン、喜納翼2位

 女子で日本勢2位の4位でゴールし、笑顔の土田和歌子=大分市営陸上競技場
 女子で日本勢2位の4位でゴールし、笑顔の土田和歌子=大分市営陸上競技場
 大分国際車いすマラソンは17日、大分県庁前―大分市営陸上競技場のコースで行われ、女子でトライアスロンとの2競技で来年の東京パラリンピックを目指す土田和歌子は日本勢2位の4位だった。日本新記録の1時間35分50秒で2位となった喜納翼らとともに、東京パラ出場枠が懸かる来春開催予定のマラソン・ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得した。

 マニュエラ・シャー(スイス)が1時間35分42秒の世界新記録で優勝。男子はマルセル・フグ(スイス)が1時間22分51秒で連覇し、東京大会出場が内定している鈴木朋樹が日本勢トップの2位となった。

(2019年11月18日 00時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ