山陽新聞デジタル|さんデジ

日韓防衛相、GSOMIA平行線 河野氏は賢明な対応を要求

 韓国の鄭景斗国防相(右)との会談に臨む河野防衛相=17日、バンコク
 韓国の鄭景斗国防相(右)との会談に臨む河野防衛相=17日、バンコク
 【バンコク共同】河野太郎防衛相は17日、訪問先のタイの首都バンコクで、韓国の鄭景斗国防相と会談し、韓国による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄決定について、再考を要求した。失効が23日午前0時に迫る同協定を含め、両国間にはさまざまな課題があるとした上で「賢明な対応を求めたい」と訴えた。鄭氏は破棄決定を巡り、日本の輸出規制が原因だと反論し、平行線に終わった。

 両氏は会談で、防衛当局間の意思疎通を継続することは確認した。この後、米国のエスパー国防長官を加えた3カ国の防衛相会談も実施した。

(2019年11月17日 21時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ