山陽新聞デジタル|さんデジ

校内サミット開催計画 (16)邑久中(瀬戸内市邑久町山手)

サミットの計画を練る生徒会メンバーら
サミットの計画を練る生徒会メンバーら
 邑久中では、スマートフォンなどメディア利用に関してさまざまな取り組みを行っている。

 まず「ノーメディア週間」。家庭学習を強化するため、定期テストの1週間前からメディアの利用時間を自ら設定する。計画的な利用を促す活動で、学区内の小学校とも連携して実施するなど輪が広がっている。

 全校生徒を対象に実態調査も行い、家庭学習やメディアについて課題を明確にできた。

 「STEP UP」というノートを導入し、活用しているのも特徴だ。ノートには翌日の時間割や生活記録を書き込むスペースに加え、自主学習計画を記入する欄を設けている。帰宅後の行動の優先順位を明確にし、メディアの利用時間を自ら管理するよう促している。上手に付き合っていけるようになったと感じている。

 今回、OKAYAMAスマホサミットに参加し、邑久中でもサミットを開催したいと考えるようになった。来年1月に開くことが目標で、生徒会を中心に啓発動画の製作を計画している。全校生徒がメディアのメリットとデメリットをしっかり理解できるような場にしていきたい。

 (2年上山美花=生徒会長)

 =おわり

(2019年11月16日 09時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ