山陽新聞デジタル|さんデジ

3つもある!交通事故の損害賠償基準

3つもある!交通事故の損害賠償基準
 交通事故の被害者から、保険会社が提示する金額で示談をしてもよいでしょうかと相談をされることがよくあります。

裁判基準は判例や実務が基
ほとんどの場合一番高額に


 実は、交通事故の損害賠償額の算定方法については異なる基準が3つあります。①自賠責基準②任意保険基準③裁判(弁護士)基準―の3つです。

 ①自賠責基準は、自動車損害賠償保障法(自賠法)などの法令により定められた基準です。被害者に最低限の補償を確保することを目的として定められているため、3つの基準の中では一番低額になります(例外もあります)。

 ②任意保険基準は、保険会社が内部で定めている基準です。各保険会社によって基準は異なりますが、おおむね自賠責基準以上、裁判基準未満の金額になります。

 ③裁判基準は、裁判になった場合に裁判所が用いる基準で、判例や実務の動向を基に日弁連交通事故相談センターなどが定めています。3つの基準の中では、ほとんどの場合、一番高額になります。

 例えば、後遺障害等級が14級の慰謝料の場合ですと①自賠責基準では32万円、②任意保険基準では40万円(目安)、③裁判基準では110万円になります。

弁護士特約加入なら負担なし
賠償金額に疑問あれば相談を


 保険会社が提示する金額がいきなり③裁判基準ということは、ほとんどありません。では②任意保険基準で提案するかというと、必ずしもそうではないのです。保険会社は、①自賠責基準か、それを少し上乗せした金額しか提案しないことが少なくないのです。

 その場合、仮に被害者本人が保険会社と交渉しても、②任意保険基準前後の金額までしか上乗せされないことが多いです。

 他方、弁護士が交渉にあたると、裁判までしなくても③裁判基準ないしはそれに近い金額まで上乗せされることがよくあります。

 しかも弁護士特約に加入していれば、ほとんどの場合、弁護士費用の負担なく弁護士に依頼することができます。

 損害賠償の金額のことで疑問があれば、まずは弁護士に相談してみることをお勧めします。

(2019年11月14日 12時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ