山陽新聞デジタル|さんデジ

宇高航路休止「必要な対応検討」 赤羽国交相

休止届を出した四国急行フェリー
休止届を出した四国急行フェリー
 赤羽一嘉国土交通相は12日の閣議後記者会見で、玉野市・宇野と高松市を結ぶ宇高航路が12月16日から運航休止となることについて「利用者の利便の確保といった課題は残る。地元の協議会の議論を踏まえ、必要な対応を検討していく」と述べた。

 宇高航路を唯一運航する四国急行フェリー(高松市)が11日に休止届を四国運輸局に提出し、受理されている。運輸局や岡山、香川県、玉野、高松市などは15日に連絡協議会を開く。赤羽氏は「利用者の減少により大変厳しい状況と承知している。地元の声をよく聞き、善処していきたい」と強調した。

(2019年11月12日 20時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ