山陽新聞デジタル|さんデジ

囲碁の仲邑菫初段が日中天才対決 12月に中国で12歳の呉二段と

 仲邑菫初段
 仲邑菫初段
 囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)は12月2日から4日にかけ、中国で日中の天才少女対決に臨む。所属する日本棋院が12日、発表した。

 対局は福建省福州市で打たれ、持ち時間各2時間、3番勝負で争われる。対戦相手は中国の呉依銘二段(12)。両者は8月、日本で打たれたペア戦で対戦し、呉二段の中国ペアが日本の仲邑初段・福岡航太朗初段ペアを破った。

 今回の3番勝負は女子世界戦の第2回呉清源杯とあわせて行われ、中国側からのオファーを日本棋院が受諾し、対戦が実現した。

(2019年11月12日 19時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ