山陽新聞デジタル|さんデジ

ミニラグビーフェスin美作 児童と園児が果敢にタックル

トライを決める美作ラグビースクールの選手
トライを決める美作ラグビースクールの選手
 第28回ミニラグビーフェスティバルin美作(岡山県ラグビーフットボール協会主催)が3日、美作市入田の美作ラグビーサッカー場で開かれた。県内外の小学生と園児が試合に挑み、果敢なトライやタックルを見せて熱戦を繰り広げた。

 岡山、広島、香川、鳥取、島根県で活動するラグビースクール12団体の約450人が出場。園児、小学校低学年、中学年、高学年に分かれ、5~9人制で試合を実施。力強いタックルで相手を止めたり、素早いパス回しでトライを決めたりしていた。

 美作ラグビースクールのメンバー(12)は「ワールドカップを見て低いタックルを心掛けた。チーム一丸となって試合ができたと思う」と話した。

(2019年11月13日 16時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ