山陽新聞デジタル|さんデジ

にぎりずし 高齢者施設で振る舞う 県飲食業生活衛生組合高梁支部

にぎりずしを調理する支部員
にぎりずしを調理する支部員
 高梁、真庭市などの飲食業者でつくる岡山県飲食業生活衛生同業組合高梁支部(江草昌平支部長)は10月29日、高梁市養護老人ホーム・成羽長寿園(成羽町成羽)で、入所者ににぎりずしを振る舞った。

 支部員13人がタイやホタテ、マグロなど8種類を握り、のみ込むのが苦手な高齢者には、食べやすいようねたを小さく切って提供した。入所者(95)は「この日をすごく楽しみにしていた。久しぶりの味でとてもおいしかった」と話した。

 すしの提供は同支部の地域貢献事業の一環で19回目。

(2019年11月11日 18時17分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ