山陽新聞デジタル|さんデジ

ベッキオバンビーノが義援金寄託 被災者支援で山陽新聞事業団に

阪本専務理事(左)に目録を手渡す逢沢名誉実行委員長代理ら
阪本専務理事(左)に目録を手渡す逢沢名誉実行委員長代理ら
 岡山県内を世界の名車で巡る「ベッキオバンビーノ」の実行委員会は9日、西日本豪雨の被災者支援として、山陽新聞社会事業団(岡山市北区柳町)に義援金100万円を寄託した。

 逢沢一郎名誉実行委員長の代理で妻の俊枝さん、特別協賛のECCの水野晃郎さんらが訪問。「有効に使ってほしい」と同事業団の阪本文雄専務理事に目録を手渡した。

 イベントは10月5、6日に開催。義援金は募金やチャリティーオークションの収益などを充てた。

 実行委はこの日、「YMCAせとうち」にも50万円、県内の大学生らでつくる「おかやまバトン」には33万円を寄付した。

(2019年11月09日 19時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ