山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁市成羽美術館で館内見学会 30日、安藤氏設計の建物に注目

安藤忠雄氏が設計した成羽美術館
安藤忠雄氏が設計した成羽美術館
 高梁市成羽美術館(同市成羽町下原)は、30日に初めて開く館内見学会「ミュージアムツアー」の参加者を募集している。

 日本を代表する建築家安藤忠雄氏の設計で1994年に開館した同美術館の建物に注目し、解説を聞きながら巡る。対話を通じた芸術鑑賞を支援する市民団体「みるを楽しむ!アートナビ岡山」(岡山市)のメンバーらの案内で、成羽川をイメージした池「流水の庭」や屋外展示室などを見学する。

 同美術館は「展示作品を鑑賞するのとは違った視点で、美術館の新たな魅力を発見してほしい」と呼び掛けている。

 午後1時半~3時。参加無料だが、入館料が必要。定員20人(応募多数の場合は抽選)。17日までに同美術館(0866―42―4455)のホームページから申し込む。

(2019年11月10日 17時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ